×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下半身ダイエットと太もも

下半身ダイエットと太もも

ダイエットは体重を減らすことなのですが、自分の体の中で、お腹や太ももや二の腕など、特定の部分を痩せたいと願う方は多いと思います。

 

基本的に部分痩せというのは容易ではないといわれています。ダイエットは、全身のダイエットを前提として、プラスアルファとして部分痩せの方法を考えていく必要があるでしょう。

 

下半身ダイエットの中でも太ももを細くするダイエットについて考えてみたいと思います。

 

まず、太ももの脂肪を少なくし細くなるには、筋肉を付ける必要があります。筋肉を付けることで、代謝機能が高まりますし、また体重が同じ場合、筋肉の方が脂肪より重いので、細く見えるという効果にもつながります。

 

太ももの筋肉の付け方について、ご紹介したいと思います。

 

太ももダイエットには、ウォーキングが効果的といわれています。

 

<ウォーキングの方法>
背筋を伸ばし、頭の位置を無駄に動かないよう安定させます。視線は前方の10から15メートル先を見るようにします。つま先で蹴りだして足を前に出し、かかとから着地します。歩幅を普段より多少広い目にとります。

 

そして、ウォーキング中は、太腿の後ろ側とふくらはぎの筋肉を意識します。太ももは前面に筋肉がつくと、横に広く太く見えてしまうそうで、反対に太ももの裏側の筋肉を強化すると、細く見えるようになるといわれています。また正しい歩き方を習慣化すると、太ももの裏側の大腿二頭筋だけでなく、背中の筋肉なども発達し、後姿が美しく見えるようになるそうです。

 

食事を見直すダイエットでは、体の中の太もも以外の部分から痩せていく事が多いようなので、太ももを細くしたい場合、食事だけでなくウォーキングなどの運動によって筋肉を付けることが効果的なようです。筋肉を付けることによって、脂肪を燃焼しセルライトを取り除くという方向で考えたいですね。

 

もう一つ、太ももの引き締めに良いストレッチ運動をご紹介します。

 

<太ももの引き締めに効果的なストレッチ>
・仰向けに寝ます。
・片方の足を両手で支えながら真っすぐ天井の方向へ伸ばします。
・もう片方の足は、地面に着いた状態で、ひざを90度に曲げます。
・両手で上げた足の太ももの後ろ側を支えながら、腰を浮かします。
・この状態を10秒間保ちます。
・各脚につき2回づつ行います。

 

自分が望む通りに体の部分を痩せることは、なかなか容易ではないと思います。ですが、基本となる全身のダイエットと並行して、その部分の筋肉に働きかける適度な運動やストレッチを行うことで部分痩せにつなげることはできるのではないでしょうか。