×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下半身太りと骨盤矯正

下半身太りと骨盤矯正

女性にとって、自分の体形の中でも特に下半身が太いことを悩んでいる人は多いそうです。そういった方は、下半身ダイエットの方法について知りたいでしょうし、実際に実践されている方も多いと思います。

 

下半身太りの原因にはいくつか挙げられるようですが、その一つとして、骨盤の歪みも考えられるそうです。ですので、骨盤を矯正することも下半身太りの解消、下半身ダイエットにつながると考えることができます。

 

骨盤矯正とは、名前の通り歪んだ骨盤を矯正するのですが、一般的にほとんどの方に骨盤の歪みというものはあるそうです。ただ、O脚(またはX脚)の程度が重度であったりすると、リンパの流れを妨げることで下半身太りの方が多く、また解消されにくいといわれています。

 

骨盤の歪みは、腰痛、肩こり、猫背、冷え性などの原因にもなりますし、痩せにくい体質になるそうです。骨盤は、体の上半身と下半身をつなぐ要となる場所ですので、当然のような気もします。

 

また、女性の生理は、骨盤と深く関係があります。骨盤は生理の周期に伴い開閉を繰り返すそうで、朝と晩でもその状態は違うそうです。そのため、体のむくみの原因となったり、その時の骨盤の状態によって、お尻の大きさやお腹の太さにも変化が生じるといわれています。

 

出産も骨盤の開閉に大きく関わります。出産に伴う骨盤の状態の変化により、体形の変化や、脚のO脚の原因になったり、下半身太りを引き起こしたりします。ただ、出産後の骨盤が開いた状態の時は、その周辺が柔らかい状態になっているため、本来のスタイルに比較的簡単に戻せる機会でもあるそうです。

 

このように、骨盤は体の状態をあらゆる面で左右する大切な場所です。下半身ダイエットの一つの手段として、骨盤矯正を取り入れるのも良い方法ではないでしょうか。