×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下半身ダイエットの方法

下半身太りとは?

ダイエットは、美を意識する人にとって尽きないテーマとも言えますが、体の中でも、お尻や太もも、脚など下半身を中心に痩せたいと思う、特に女性は多いといわれています。

 

また、そういった女性の中には、自分が感じているほど太っていなかったり、周りの人には下半身が太いなどという印象を持たれていないという場合も多いそうです。

 

ただその一方で、下半身は上半身と比べ、太りやすいという根拠も存在するといわれています。

 

一つ目の理由は、下半身は上半身と比べ、頻繁に動かさないことが挙げられます。人間の体の中で最も動かしているのは「まぶた」だそうです。続いて「指」、それから「肘」、「手首」を動かしているそうです。このことからも、私たちは上半身をよく動かしている事がわかりますが、これは座っていたり寝ていたりどんな姿勢でも動かせることがあると思います。

 

下半身が太りやすいもう1つの理由として、上半身は比較的ストレッチ系の動作をしているのに比べ、下半身は一定の動作しかしないことが多いことがあります。考えてみると、座る、立つ、歩く、といった一定の動きが多いですよね。

 

下半身の中でも肉付きが気になる部分といえば、お尻や足の太ももの後ろや、ふくらはぎなどが多いと思います。一方、生活の中で比較的使用する太ももの前側などは、筋肉が付いていて脂肪は少ないのではないでしょうか。

 

また、普段しない運動をすると、筋肉痛になるのも、この肉付きが気になる箇所であることが多いです。これは、日常生活の動きの中であまり動かしていないことが理由です。このことからも、下半身太りが気になる方は、普段動かさない下半身を動かしてあげることが効果的だという事がわかります。

 

下半身やせには、完全に筋肉を伸ばした状態から、これ以上筋肉が収縮できないという範囲で足を動かすエクササイズが効果的です。やはり良く知られるように、体の部分的な引き締めにはエクササイズが有効なんですね。