×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下半身ダイエットエクササイズの方法

下半身ダイエットエクササイズの方法

下半身の太さが気になる方にとって、下半身を引き締める方法として日々のエクササイズが効果的なことはご存じの方も多いと思います。

 

まず、下半身ダイエットのエクササイズとして、ご存じスクワットがあります。スクワットは、ヒップから太ももにかけてのエクササイズとして、フィットネスクラブなどに通わずに自宅で手軽にできる方法です。

 

スクワットの方法は、しゃがんだ状態から太ももの力で立ち上がります。立ち上がる時に、お尻から太ももの裏側の筋肉が完全に収縮されるように意識すると効果的です。そしてこの完全に筋肉が収縮された状態を2秒間保ちます。その後、ゆっくりと最初のしゃがんだ状態まで戻します。そしてこのしゃがんだ時には、ヒップから太ももの裏側の筋肉が伸び切る状態を意識します。この動作を繰り返します。

 

もう一つ、下半身痩せ、ふくらはぎのエクササイズをご紹介します。

 

ふくらはぎの裏側にはヒラメ筋という筋肉があり、この筋肉を使用することが引き締めには効果的とされています。

 

階段や小さな段差などを利用して足の前方を乗せ、ふくらはぎの筋肉が伸び切った状態をスタート地点とします。ふくらはぎの裏側の筋肉を使って、ゆっくりと背伸びするように上げていきます。上がった状態で2秒ほど保ちます。この時、ふくらはぎの裏側の筋肉が収縮し、ヒラメ筋が使われているか触って確認すると良いですね。

 

さらにこの時、体重以上に負荷をかけたいなら、ダンベルなどを持ちます。このエクササイズの回数は、15〜20回を目安とし、この回数を全力でできる程度の重量に設定すると良いでしょう。さらに、これを2〜3セット行うと効果的です。

 

また、時間がない場合は有酸素運動を優先します。ダイエットエクササイズとして行う場合、このエクササイズは毎日行っても大丈夫だそうですが、1日、2日間隔が空いても特に気にする必要はありません。

 

ただ注意したい点として、下半身痩せを考える前に全身のダイエットの優先が重要です。その上で、下半身痩せなど、部分的なダイエットを取り入れるという順番です。ちなみに、全身のダイエットで結果を出すことで、下半身太りの悩みが解消される場合も多いようです。

 

また、食事も大切です。食事と運動の相関関係で体重は変動します。いくら下半身を部分痩せしたくてもエクササイズだけでは効果は少ないと思われます。